<< 2017年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 競技結果の記事 >>
2017年 4月 30日 (日)

学童佐伯予選・勝負の2日目

by ナックル王子

_82Q_82X_8Aw_93_B6_82Q_93_FA_96_DA.JPG
蒲江・佐小 判定戦
≪佐伯球場≫
【準々決勝1】鶴岡アタックス VS 佐小ドリームズ

鶴岡 400 00 |4
佐小 003 04 |7

※鶴岡は初回、いきなりの集中砲火で4点先制。早くもコールドの空気が漂う中、佐小は先発投手が1アウトも取れず緊急リリーフ。この早めの采配が最終的には勝敗を左右することになる。2番手の阿南君は粘りの投球で鶴岡打線を抑え込む。鶴岡はその後の満塁のチャンスに強打が裏目となり無得点など徐々に流れは佐小に。佐小は3回、1番・平瀬君、5番・堀川君のタイムリーなど打者8人で3点返し、5回には4番・松永君、5番・堀川君のタイムリーに阿南君のスクイズでダメ押し。鶴岡では3番・廣田君が2安打3出塁と貢献。

【準々決勝2】佐伯リトルヤンキース VS 蒲江翔南野球クラブ

佐伯 100 010 |2
蒲江 210 00× |3

※リトヤンは初回、1番・米田君が足でかき回し3番・御手洗君のスクイズで先制。蒲江も初回、1番・井上君、2番・海原君の連続安打に中浜君のスクイズで2得点、2回には9番・大林君のタイムリーで加点するも、その後はリトヤン守備陣の前に加点できず。逆にリトヤンは5回1得点で詰め寄るが一歩及ばず。試合を追うごとにリトヤンは落ち着いた試合運びで、エースを温存したかったはずの蒲江から3番手でエースを引っ張りだした圧力は凄い。

【準決勝】蒲江翔南野球クラブ VS 佐小ドリームズ

蒲江 000 000 1(4)|1(4)
佐小 100 000 0(0)|1(0)

※佐小先発の5年生・松永君は準々決勝、鶴岡打線に捕まったが、準決勝では覚醒。球威のある重い球で蒲江打線を抑え込み、あわや完封まで見えたが最終回疲れの見えたところを蒲江が上手く突き判定戦へ。こうなっては蒲江の勢いは止まらず判定戦を圧倒。松永君の好投が目立ったが、蒲江エース中浜君のスタミナは大したもので最後まで球威は衰えなかった。

≪弥生球場≫・・詳細は判りませんので観戦者から聞いた情報のみ

【準々決勝1】

佐伯スラッガーズ 8−2 上堅田ブラックパンサーズ

※スラッガーズが持ち前のスモールベースボールでブラパンの守備の隙を上手く突いた模様

【準々決勝2】

南アポロスポーツ少年団 8−0 佐伯ブルーファイターズ

※アポロが理想どうりの省エネ試合で1時間ゲームでピシャリ。

【準決勝】

佐伯スラッガーズ 6−5 南アポロスポーツ少年団

※4点差を追い詰めたアポロ、残り30秒で最終回突入した時はアポロの逆転も見えたがスラッガーズが凌ぎ切った。スラッガーズは旧切畑時代から越すに越せなかったインパルス峠をついに越した。。

≪最終日の見どころ≫

3位決定戦 佐小ドリームズ VS 南アポロスポーツ少年団

※今大会、台風の目となった佐小、1試合勝負となれば松永投手が好投すれば南アポロも簡単には崩せないかも。アポロ打線が繋がれば優位だろうがミスが出ればもつれる可能性も。

決勝戦 蒲江翔南野球クラブ VS 佐伯スラッガーズ

※蒲江は準々決勝、準決勝を僅差ながら勝ち上がるあたり、やはり地力はナンバー1。対するスラッガーズ、上級生がいないとは思えないほどの試合運び。もはやドラえもんマジックとは呼ばせない立派な強豪チームです。

5月3日もウグイス美女軍団と共に佐伯球場でお待ちしております。
皆様のご来場をお待ちしております<(_ _)>


<< >>








RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h